キャッシングの金利を計算する方法について

消費者金融などのキャッシングの中には金利ゼロのキャンペーンを実施している会社が多く有ります。
キャッシングとはお金を借りる事であり、お金を借りる時には審査が行われ、返済能力に合った利用限度額が定められることになります。
消費者金融の場合は総量規制が有りますので、借入残高の合計が年収の3分の1を超えてのキャッシングの利用は出来ませんが、年収の3分の1以内であれば、審査に通ることでキャッシングの利用は可能になります。

所で、キャッシングには10万円から最大で500万円、金利は年利で4.9%〜18.7%と言った形で表記されている事が多いのが特徴です。
これは簡単に言えば、10万円のキャッシングでは18.7%、500万円の場合であれば4.9%のの金利が適用すると言う意味になるのですが、100万円を借りた場合は、審査により金利が決められることになるのが特徴なのです。

金利は、低い程利息の支払いが少なくて済みますので、キャッシングを利用する上では金利の低い商品を選んだ方が得なのです。

所で、この利息の計算方法と言うのは、金利が年利で記載されていことからも、計算する上では1年間の365日を割る必要が在ります。

借入残高の合計×年利÷365日と言う計算式で1日の利息を算出する事が可能です。
尚、年利は1年間のものであるため、うるう年の場合は366日で割る必要が在りますので注意が必要なのです。
因みに、年利が低くなる程1日の支払利息分は少なくなります。